2018年度 第43回東北学生リーグ 結果
10月14日 2部 第3節 10:30
第1試合
日本大学工学部 VS 東北工業大学 試合詳細
個人記録
   1Q 2Q  3Q  4Q  Total 
日本大学工学部 14 14 7 0 35
 東北工業大学 0 7 0 7 14
1Q
日大工のキックオフで試合開始。
東北工大は#4のワイルドキャット等多彩な攻撃を見せるが、日大工#70のQBサックも飛び出しファーストシリーズをパントで終える。
日大工は#7へのロングパスを通し、1stプレーでタッチダウンを奪う。TFPも決めて7-0と先制に成功する。
反撃の東北工大はオープンランを中心に攻撃を重ねるも、日大工の#4、#41を中心に集まりのいい守備を見せる。
日大工はショートパスもおりませながら、#20が40ヤードを独走しゴール前に迫る。最後も#20が走りこんでタッチダウン。
TFPも決まり14-0とさらにリードを広げる。
反撃の糸口をつかみたい東北工大。
#4のオープン、#18、#98のインサイドを基軸に攻撃を進めるも、得点には至らず、第1Qが終了。

2Q
自陣深くでの東北工大のファンブルから日大工学部が絶好の位置から攻撃を始める。#20のオープン、#28へのパスで攻撃を組み立てる。最後も#28へのパスを通してタッチダウン。21-0にリードを広げる。
その後も日大工学部#55がサックからのファンブルフォースでターンオーバーを奪うと、
#41、#20のランで順調に攻撃を重ね、最後はQB#1が自ら持ち込みタッチダウン。
28-0と追加点を挙げる。
何とか反撃の糸口をつかみたい東北工大は#18がランアフターキャッチでロングゲイン。
#8へのパス、#4のオープンで流れをつかみ、#43へのタッチダウンパスも通り
28-7に点差を縮めたところで第2Qが終了。

第3Q
東北工大、強気のオンサイドキックを試みるが、ここは日大工学部にリカバーされる。
50ヤード付近から#20のオープンや#1のQBスクランブルでゲインを重ねるが、敵陣20ヤード付近まで攻め込んだところで東北工大#4がインターセプト。
ここから反撃に出るかと思われた東北工大だが、日大工#20がインターセプト。攻撃権を取り返す。
日大工学部#20のオープンランは捕まるかに見えたが、見事なカットバックを見せそのままタッチダウン。
35-7と突き放す。
東北工大は#43へのパス、#18のランで攻撃を進めるが、またも痛いファンブルで攻守交替。
ここから両チームのパスがインターセプトされ、めまぐるしく攻守が入れ替わる。
荒れた試合展開の中第3Qが終了。

第4Q
東北工大は#4へのランプレー、#18のランアフターキャッチで攻撃を進めるが、
日大工#29がこの試合チーム4本目のインターセプト。
#10、#41のランを基軸に攻撃を進めるが、東北工大も守備陣が踏ん張りを見せる。
攻撃陣では#4のオープンを基軸に何とかタッチダウンを取りたい東北工大。#4のオープンと見せかけてからの#43へのパスが通り、タッチダウン。

14-35としたところで試合が終了した。

10/14 Report By Nobumoto.





10/14 Photo By Takayanagi.